​時空の彼方

​2018年11月24日 龍の牙単独公演特設サイト

止まない雨に記憶は溶け

人々は忘れる事さえ受け入れる

美化されてゆく過去に雲は留まり

歪んだ空が悲鳴をあげる

いつしか思いを馳せるように 

水溜まりは居場所を探して川となり

流れてゆく日々をぼんやりと

今が過去か未来かも忘れた夜

 

「雨・・・いつまでも続くんだよ。」

 

鳥たちは羽ばたく空を失い 

草木は太陽を失った

ぼんやりと眺めているその先は 

水平さを保てなくなった空

「あぁ、また歪んでる。歪んでる。

どうせ行くなら晴れた空の過去がいい。」

空の歪みは重力波となり時空を伝わる
 

その瞬間に目の前がいつか見た景色となる

© 2018 by Office WA-DOU Enterprise

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black YouTube Icon